わたあめのように甘く儚く

ふわふわしたひとの、ふわふわしたおたく。

27歳の貴方に、幸あれ。

 

 

 

深澤辰哉さん。

27回目のお誕生日おめでとうございました。

 
少なくとも2019年1月9日までは深澤担だったと胸を張って言えるから書きます。全てが過去形になってしまう。担降りブログになるのかしらこれ。

 

 


ちょうど1年前社会人になって。

とにかく仕事について行くのがつらくて、理不尽に怒られたり怒られている先輩を見たりするのがつらくて、休みが取れなくて現場に行けないことが増えたのがつらくて。けどこの1年はSnow Manの、深澤さんのおかげで頑張れました。ありがとう。

 

 


Snow Manの1番の位置でシンメでセンターだった貴方が好きでした。0番の位置でシンメで前後になると見えなくなって怒ることはもうなくなるのかな。

 
普段はお笑い担当でメンバーを笑わせているけれど決める時はしっかり決めてキラキラアイドルをしている貴方が好きでした。

 
初主演舞台のCOD。大阪公演の時は珍しく緊張していて汗の量もすごくて。最後までそんなに気を張っていて大丈夫なのかなと心配していたけれど。東京公演、大千穐楽では見違えるくらい堂々としていて。舞台終わりの挨拶を聞いて貴方を応援していて良かったと心から思いました。頼りになるリーダーの貴方が好きでした。

 
1月9日、帝劇でダンスしている姿はいつもより楽しそうで。そう、いつもより楽しそうでどうしたのかなあとは思っていたけれど楽しそうに踊っている貴方が好きでした。

 

 


この1年振り返るとSnow Manのおかげで乗り越えられてきたことがたくさんあって感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

 
私は貴方のファンである前にやっぱりグループのファンでした。あの日から全てを遮断して9人で前に進み始めた姿を見送ることに決めた時、私は傍観者になったから何も言えないけれど。

 

 


きっとこれから先も色々なことがあると思います。

でもきっと優しい貴方の周りには自然と優しさが溢れた空間が出来ると思います。笑いを生み出す天才な貴方ならきっと周りには笑顔が溢れると思います。

 
そんな貴方が残してくれたグループで。

9人で季節外れの雪を降らせてください。

 
色々と消化するにはまだ時間が必要で。

進み始めた背中を追いつくことはまだ出来ないから私は私のペースで追いかけていきます。

 

 


27歳の貴方に、幸あれ。

 

 

 

 f:id:yu7xxxluv:20190511011315j:image

今年も楽しい春をありがとうございました。

Maybeをやっているところが見られると思わなかったので嬉しかったしやっぱり好きだなと思いました。

 

 


おしまい。

 

 

 

ジャニオタがTHE RAMPAGEにハマった話

 

 

 

半年ぶりに更新したのにすのの話じゃない。(デジャヴ)

サマパラとか少年たちとかCODとかジャニアイとかグループの増員とか、なんなら今週滝沢歌舞伎を観劇したがTHE RAMPAGEの話がしたい。

CODについては99%書き終えて下書きに放置してあるからしれっと公開するかもしれない。

 

 

 

▼THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

 

f:id:yu7xxxluv:20190507084002j:image


LDH所属の16人組ダンス&ボーカルグループ。2ボーカル制のグループがほとんどだがこのグループは3ボーカル・13パフォーマー体制。

「RAMAPAGE=暴れ回る」という意味でHIPHOPテイストのパフォーマンスが魅力の2017年にメジャーデビューした若手グループ。


詳しくは公式サイトを見てください。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE | EXILE TRIBE mobile

 

 


▼出会い

 
ジャニオタ歴10年を越えてジャニーズ以外にハマるなんて思わなかった。しかもそれがLDHだなんて思わなかった。

LDHに対する印象は正直なところ良くなくて。筋肉・女・酒・パリピのイメージと周りにいたLDHが好きな子は決まって学年の一軍グループのダンス部でそれに対するアレルギーが大きかった。要するに住む世界が違う、一生関わることのない人たちという印象。いや実際問題関わることはないのだけど。

 
だからこんなにハマるなんて本当に思わなかった。

大学で仲良かった子が岩ちゃんが好きだったから3代目の顔と名前はぼんやりとわかるけど「なんでEXILEに岩ちゃんがいるの?メンディーってジェネじゃないの?てか知らんうちにEXILE人増えた?」というくらいLDHを知らなかった。今じゃランペより上の世代の方々の名前と顔が一致していて怖い。

 

 

 
前置きが長くなった。

正直ランペとの出会いのタイミングはよく覚えてない。確かYouTubeで『LA FIESTA』のMVを見てメロディーが頭から離れなくなったのがきっかけだったような気がする。前回といいYouTubeから新たな沼を開拓しがちじゃないか自分…。



昨年の12月末、仕事に忙殺されながらランペかわいいとツイートしていたからその時にはもう既に沼にはまっていたと思う。

元日から仕事なのにジャニーズカウントダウンを見てCDTVを見て年越しをしたあたり呑気なものである。

 

 


そして今年。

2019年1月17日 Snow Man 増員

2019年1月27日 嵐 活動休止発表


文字で見るだけで色んな感情が溢れてくるから言葉に残さないが、このタイミングでジャニーズから一度離れることにした。


このくらいの衝撃があったからこそ今まで食わず嫌いして視界にも入れなかった世界をちゃんと知ろうと思ったのかもしれない。

 

 


▼本腰を入れる


2019年1月30日 7th single『THROW YA FIST』発売 

 

 

今見るとタイミングが怖い。

 

 


新曲と一緒に1st album『THE RAMPAGE』も買った。

 
EXILE TRIBE FAMILY*1EXILE TRIBE mobile*2LDH TERMINAL*3LDH TV*4にも入った。

社会人、学生の頃よりお金持ってるから怖い。

 

 


1st albumに2017年~2018年にかけて行ったホールツアー*5の映像が入っている。この映像のために買ったと言っても過言ではない。しかもBlu-rayがあったので迷わずそれを買った。

テレビでパフォーマンスしてるところもトークしてるところも良いけれど、やっぱりライブをしているところが本来の姿と言ったら語弊が生まれそうだが、アーティストとしての姿をちゃんと見たかった。

 


音源で聴いた時はランペの入口がRIKUさんだったこともあってか、『Can't Say Goodbye』と『Over』が好きだった。私の語彙力では足りないくらい当然のことながらボーカルの皆さん歌が上手いのだが、特にこの2曲はRIKUさんの高音がとても綺麗で好きだなと思った。アップテンポな曲では『GO ON THE RAMPAGE』と『Fandango』が好きだった。

 

 

『Fandango』はとりあえずオタクみんな好きなやつだから聴いてほしい。衣装もセットもダンスも最高。


趣味:ジャニーズなジャニオタだったから当たり前に聴く曲もジャニーズが9割で、今回聞き馴染みのない曲を聴くのがなんとも不思議な感じがした。事務所によってなんとなく楽曲の雰囲気も違うんだなあという新たな気づきだった。うまく言えないが。

 

 


ライブ映像を見てステージ構成やらセトリ構成やら何もかもが違って驚いた。ジャニーズのコンサートとの違いは後で書くので映像の感想を簡単に。


「さあ一緒に歌って」って言わないし「さあ一緒に踊って」って言わない。

「ピロピロ~」って歌わないしパラパラは踊らないしたこ焼きの被り物はしない(これはジャニーズWESTだけか)。

クロバットをしながら歌わないしオタ芸はしないしバスローブを着てステージに出ても来ない(これはSnow Manだけか)。

色物枠のグループばっかり書いてるだろと言われそうだが、国民的アイドルと言われている嵐もポップコーンの被り物でコンサートをしていたからジャニーズってこれが普通なんだと思う。ジャニーズトンチキワールドis最高。

 

 

とか言いつつもしランペのファンの方がもし見ていたらトンチキだけじゃなくてちゃんとかっこいいことも知ってもらいたいのでSnow Manのパフォーマンス動画載せておきます。

 

 


だからランペのライブは全体的に良い意味で普通のライブで見やすかった。トンチキ要素が全くない。アイドルとアーティストって全然違うんだな…と3周くらいぼーっと見てしまった。


そして映像を見ても『Can't Say Goodbye』の演出もダンスも歌もやっぱり好きでアリーナツアーに行くことに決めた。岩谷翔吾さんの表現力がすごいからみんなに見てもらいたい。


あんなに毛嫌いしていたのに1人で行こうとするあたりオタクの行動力って怖いな~と他人事のように思っている。

 

 

 

ちなみに2019年3月21日に公開された『PRINCE OF LEGEND』は観に行った。そして次の週、2019年3月29日に公開された『映画 少年たち』も観に行った。カオスとカオスのなかなかいい勝負なのでまだ公開されているようでしたら是非観てほしい。事務所の色の違いがわかるような気がする。

 

 


▼ライブに行く


それはそうとLDHはコンサートのことをライブと呼ぶらしい。異文化にわくわくする。

 

 f:id:yu7xxxluv:20190507094040j:image


さいたまスーパーアリーナで4月23日(火)、4月24日(水)の2日間*6あったので23日に行くことにした。1日でちゃんと見きれなくて心残りだったのと、定時でダッシュすれば間に合うことに気づき、無意識のうちに24日の分のチケットを譲ってもらって2daysした。LDHは紙チケとデジチケを選べる上にデジチケでも事前に席がわかって分配できてスクショで送れるのが羨ましい。


そんなこんなでライブの感想を交えつつジャニーズのコンサートと違ってびっくりしたことをいくつか書いていこうと思う。

 

 


▽会場周辺がお祭り


1人で行く現場は基本的に舞台が多かったからいつも通り呑気に買い物をしてカフェでゆっくりしていたから会場に着いたのがギリギリで。ブースをしっかり見られなかったのが残念なくらい賑やかで楽しそうだった。

グッズ売り場とCD売り場はもちろんのこと、ガチャがたくさん並んでいるブースがあったり、居酒屋EXILEという簡単に言うとメンバープロデュース(?)のメニューが食べられるブースがあってお祭りみたいだった。

 

 


▽フラッグ


これは有名だと思うが、LDHはペンライトが公式で禁止されており代わりにフラッグという旗がある。¥2,000くらいするのかと思っていたらまさかのワンコインだったので24日の終演後に記念に買った。ジャニオタの友人にはいや開演前に買えよ、せっかくならちゃんと使えよ、と突っ込まれぐうの音も出なかった。


あと団扇がない代わりにネームボードとネームタオルを持っている人がいたり、よく若い子たちが持ってる生首(と私は勝手に呼んでいる)の代わりにフェルトを持っていたりした。ジャニーズは基本的に本人の写真がグッズになるのにLDHはキャラ画がグッズなのも斬新だなと思った。

というか少し疑問だったんだけど、フラッグは頭より上に掲げてもいいの?団扇は胸の高さまでっていうルールで生きてきたので驚いた。目の前の人がそれだと見辛いだろうなと思う。

 

 

 

▽ファン


ファンと呼んでいいのかわからないけどオタク呼びする文化ではなさそうなのでファンと呼ぶことにする。

LDHの方が若干学生さんと男性が多い印象で、年齢層が広いのはもちろん家族連れとか夫婦っぽい方もちらほらいた気がした。


あと服装がTHEカジュアル。学生時代のイメージで、ライダースにミニスカでメイクばちばちなE-girlsっぽい方が多いのかと思ってたらツアーTシャツにパンツのシンプルな服装の人が多かった。また、ジャニーズはメンバーカラーがあるのでカラフルな服装が多いのに対しLDHはモノトーンの方が多かった。

コンサートのためにオシャレしていくジャニオタ(ラブホリック・ケンティー大先生のお言葉を借りるならばデートする服装)に対してLDHのファンは普段着の方が多い印象。

 

 


▽ステージ構成


センステと花道だけで外周とバクステがないことに衝撃的だった。ステージにモニターだけで派手な装飾もされてなかった気がする。

ステージがシンプルな分パフォーマンスがしっかり見えるし演出もすっきりしていて見やすかった。

個人的には花道を照明で檻みたいにするところが好きだった。ランウェイみたいで綺麗だったんだけど、ほかにうまい表現が見つからない。16人が花道に一列に並んだ時の迫力がすごかった。

初見ではDior 2017-2018AWっぽいなあと思ったけど、

Dior Official on Instagram: “It's a wrap! The night falls on another spectacular outing from #MarizaGraziaChiuri for Dior. Click the link in bio to discover all about…”

Dior 2019-2020AWのメンズコレクションっぽいなあとも思った。

Dior Official on Instagram: “With the Dior Winter 2019-2020 men's show, @MrKimJones not only presented a collection that was one must-have after the next and…”

自分のDior好きだけ露呈して伝わらない気がする。

 

 


▽ファンサ


Twitterで「◯◯がファンサしていた」というのを少し見かけたのでどういうことをするんだろうと思ったら基本的にお手振りだった。櫻井翔さんのお手振りファンサを想像して頂ければわかると思う。

ジャニオタにとってのファンサは指差しとか撃ってもらうとかの団扇に対するレスポンスをもらうことが基本だからその概念からするとファンサはほぼないと言って良いと思う。そもそもファンサ団扇を持っていないのだから当たり前ではあるが。


個人的にびっくりしたのはファンのみなさん結構キャーって叫ぶ。勝手なイメージで申し訳ないけどもっとクールにライブを見ているのかと思っていたからびっくりした。センステから花道に移動してきた時とかお手振りをしている時とかで叫んでいてそれはどこの界隈でも一緒なんだなと感じた。

 

 


▽レポ班がいない


野鳥の会がまずいない。そもそも双眼鏡持ってきてる人がほぼいない。双眼鏡片手に手元を見ずにメモってる人がいない。純粋にライブを楽しんでいる方が多い印象だった。

余談だが、双眼鏡を持っている人がほぼいないからメインのモニターの映像はMVみたいにカメラ割りがしっかり決まっててそれありきの動きをしているんだなと思った。

 

 


▽MC


まず一度の公演で全員喋らない。マイクが全員分ないから選抜制だった。2人で1つのマイクでいいから全員喋らせてほしい…せめて自己紹介だけでも…と思ってしまった。ボーカルMCも2日間とも同じ内容だったから台本があるんだと思う。

メンバー全員でMCやっている姿が見たくてジャニーズ情報局で昨年のサマパラの映像を見たらすのが組体操をしていて笑いましたよね。MCってもはや何なんだろうか。

 

 


▽衣装がシンプル


なんだろう、ギラギラしてない。スパンコールでびっしりとか羽根が付いていたりとかユザ◯ヤに売ってそうなギラギラした布を使ってない。

デビュー組特有の布の無駄遣い(褒めてる)がない。むしろ布は少なくて機能性重視な感じ。

あと衣装替えの回数が少なく感じたけれど、ジャニーズみたいにソロ曲とかユニット曲とかがないからしょうがないのかなとは思った。

 

 


▽歌とダンスがすごい


最後の最後でパフォーマンスの話。

ボーカルコーナーとパフォーマーコーナーがあるんだけどそれがすごい。アイドルとアーティストの違いを感じた。


まずボーカルコーナーは歌のレベルがやばい。

ダンスしながらでもめっちゃうまいのに椅子に座って歌ったらやばいに決まってた。ライブで歌を聴いて鳥肌が立ったのは初めてだと思う。ただジャニオタだからか、バラードの時はペンラの海を作りたいと思ってしまった。2万人弱の人が歌を聴きいる姿は少し怖かった。


パフォーマンスコーナーはラップがあってダンスがあってポップアップがあってすごかった。ダンスは習ったことがないから何が凄いと言えないけどいろんなジャンルがあって興味が湧いたので調べてみたいなと思った。あとポップアップで岩谷翔吾さんと浦川翔平さんが出てきた時チプデ感がすごくてかわいかったからあそこだけでも今すぐ映像化してほしい。

 

 


▼推し


ジャニーズは担当という制度があるけどLDHはそういうのはない印象で推しという表現もあっているのだろうか。そもそもジャニオタみたいに1人だけを担当して「私は◯◯担です」って名乗る文化がなさそう。「EXILEでは◯◯、3代目では◯◯、ジェネでは◯◯が好き」っていう方が大多数でジャニオタでいう掛け持ちが許容されている文化なんだろうなと思った。担当副担当でフルボッコにされるジャニオタ文化とは真逆だと思う。

 

 


それでもって最終的な結論から言うと推しは決まらなかった。

決まらなかったんかいという突っ込みが来そう。というか既にジャニオタの友人には突っ込まれた。


自分的初日にコンサートに行き、凄さに圧倒され何も覚えていないという状況に初めてなったから翌日も行くことに決めた。この段階では本当に推しは決まっていなかった。

川村壱馬さんの絶対的王者のオーラとか、遠距離で見てもわかる神谷健太さんの顔の良さとか、好きな踊り方をしている藤原樹さんのダンスを生で見られた感動とか、RIKUさんの歌声がとても綺麗だったとか、岩谷翔吾さんの肌面積(?!)とか色々あった。ありすぎた。16人を2時間で見きれるわけがなかった。


そして自分的2日目。セトリは覚えてたから初日よりはちゃんと記憶が残ってた。

双眼鏡を使っている時間の9割方1人を見ていたから心の中では推しは決まっていると思う。ライブが終わって2週間経ってじわじわと確信めいたものを感じているから慌ててこのブログを書いているわけだけども。

好きになって時間が浅いからまだ16人のパフォーマンスを見ていたい気持ちと1人の日々変わるパフォーマンスをじっくり見ていたい気持ちのせめぎ合いである。


だからまだ推しは決まっていない。多分少ししたら推しはキミに決めたブログを書くと思う。

 

 


▼最後に

 

ジャニーズにどっぷりハマっていた自分がどこまでLDHについていけるかいささか不安はありつつ、悲しきオタクの性かな、新しいことを調べて開拓することが楽しくて気持ちが充実している。

 

とりあえずBOTが繁忙期と丸被りで悲しいのでランペ単独の現場も決まってほしい。(切実)

 

 

 

 f:id:yu7xxxluv:20190507094202j:image

 

 

 

おしまい。

 

 

 

*1:ジャニーズでいうところのJohnny's FAMILY CLUB

*2:ジャニーズでいうところのJohnny's web

*3:Instagramのように写真や動画の投稿、生配信ができる。ジャニーズでいうところのISLAND TV。というかジャニーズが真似したのでは。

*4:ジャニーズでいうところの課金制のジャニーズJr.チャンネル

*5:THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”

*6:追加公演が発表されて埼玉は4daysになった

ジャニオタがヒプノシスマイクにハマった話

 

 

 

5ヶ月ぶりに更新したのにすのの話じゃない。
Jr.祭りとか滝沢歌舞伎とかKEN☆Tackeyとか少年たちとか自担が初主演舞台とか色々ありましたがヒプマイの話がしたい。

 

 

 

ヒプノシスマイク

 

そもそも『ヒプノシスマイク』とは、男性声優によるラッププロジェクトです。

武力による戦争は根絶され、権力は男から女に移ったH歴が舞台。 男たちはヒプノシスマイクという特殊なマイクを使ってテリトリーバトルをすることは許されている。今のところイケブクロ、ヨコハマ、シンジュク、シブヤの4つのディビジョンで行われている。

 

詳しくは公式サイトを見てください。

男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト

 

 

 ▼出会い

 

 

 

ヒプノシスマイク、略してヒプマイ 。
去年ぐらいからヒプマイって単語をよく見かけたような気がしてるが、アニメ関係って似たような名前で似たようないけめんがたくさん出てきてよくわからないな〜って思ってた。
うたプリとかあんスタとかこないだデビューした方じゃないキンプリとか…。
4文字に略されてわかるのテニプリくらいですね、懐かしい。

そんな感じだったからその時もまたなんか始まったんだ〜くらいしか思っていなかった。

 

 

 

ところがどっこい。
3月になってYouTubeを毎週見る生活が始まった。
そう、『ジャニーズJr.チャンネル』。

 

 

なんだかんだで楽しく毎週見ています。

 

 

 

YouTubeっておすすめ動画が出てくるじゃないですか。

 

 

急に自分好みのかっこいい人がサムネイルで出てきて思わず見ちゃったんです。浅沼さんかっこいい。
ジャニオタはす〜ぐ顔に興味持つ〜〜。
ジャニオタみんな顔ファンだから〜〜〜〜。

 

 

 

これがかの有名なヒプマイだとは思わなかった。
まっさかいけめんがたくさん出てくるアニメがラップやるとは夢にも思わないでしょう…。

 

 

 

元嵐の櫻井担の身からすれば血が騒がないわけがなかった。

王道アイドルになってラップを封印しているのか最近あまり聞かなくなったがサクラップが好きだった。
『いつまでも』とか『Still…』とか本当に良い歌詞だから聞いてほしい。

 

 

 

話が逸れました。
まあとにかくジャニオタって自己紹介ラップ好きじゃん?

 

 

好きだよね。ハマりますよね。

 

 

 

▼イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」

 

 

山田三兄弟で構成されたチーム。
正統派主人公が好きな人は好きそう。

 

 

 

▽山田 一郎 / MC.B.B (CV.木村 昴)

 

伝説のチームで今は解散している『The Dirty Dawg』のメンバー。
山田家長男で兄弟思いで面倒見が良い。
ラノベを全て揃えるほどのアニオタで不良。
既に情報過多。

 

 

 

▽山田 二郎 / MC.M.B (CV.石谷 春貴)

 

山田家次男。
一郎大好きで不良になってアニメも詳しくなっちゃった少し残念なイケブクロのビジュアル担当らしい。

 

 

 

▽山田 三郎 / MC.L.B (CV.天﨑 滉平)

 

山田家三男。
一郎は大好きだが二郎とは喧嘩ばかりしている。
なんでもそつなくこなす天才肌で不良ではない。

 

 

 

▼ヨコハマ・ディビジョン「Mad Trigger Crew」

 

 

ここから急に名前が読めなくなります。
ヤクザと警官と元海軍って言うなかなか濃いメンツ。

 

 

 

▽碧棺 左馬刻 / Mr.Hc (CV.浅沼 晋太郎)

 

元『The Dirty Dawg』のメンバーで横浜界隈を仕切るヤクザ。
左馬刻様って呼ばないとキレるけど顔がいいからなんでも許される(甘い)

 

 

 

▽入間 銃兎 / 45 Rabbit (CV.駒田 航)

 

現役の警官で左馬刻の保護者その1。
左馬刻とは持ちつ持たれつの関係な悪徳警官。
口癖は「しょっぴかれたいのか」。

 

 

 

▽毒島メイソン理鶯 / Crazy M (CV.神尾 晋一郎)

 

元海軍で左馬刻の保護者その2。
料理の腕は一応プロ級らしい。一応ってところが逆に恐ろしい。

 

 

 

▼シンジュク・ディビジョン「麻天狼」

 

 

医者とホストとサラリーマンで新宿が舞台ってやばいやつかと思ったけど、みんな共依存で仲良しチームです(?)

 

 

 

▽神宮寺 寂雷 / ill-DOC (CV.速水 奨)

 

元『The Dirty Dawg』のメンバーで天才医師。
ミステリアスで1番やばそうな人だけど全然そんなことなかった。
今のところは大人の男性のイメージ保ててます。

 

 

 

▽伊奘冉 一二三 / GIGORO (CV.木島 隆一)

 

チャラホストだが実はスーツを着ないと女性恐怖症で話すことすらできない。
ソロ曲の作詞をオリラジの藤森さんがしていてびっくりしました。シャンパンコールしたい。

 

 

 

▽観音坂 独歩 / DOPPO (CV.伊東 健人)

 

医療系機材会社の営業マン。
一二三とは小学生との幼馴染で唯一の友達。
常に悲観的で恐らくメンヘラ担当(ごめんなさい)

 

 

 

▼シブヤ・ディビジョン「Fling Posse

 

 

ジャニオタと言えば渋谷。渋谷と言えばジャニオタ。
ジャニオタが好きなストーリー性とキャラクターを集結させたチーム、という感じ。

 

 

 

▽飴村 乱数 / easy R (CV.白井 悠介)

 

元『The Dirty Dawg』のメンバーでファッションデザイナー。
すべての女性を「お姉さん」と呼ぶモテ男。
どこぞのケンティー大先生みたい。

 

 

 

▽夢野 幻太郎 / Phantom (CV.斉藤 壮馬)

 

作家で一人称が「小生」。
櫻井担は絶対ツボに入ると思います。私はハマった。
説得力のある嘘をつくのが得意。

 

 

 

▽有栖川 帝統 / Dead or Alive (CV.野津山 幸宏)

 

自分の命すら賭けてしまうほどのギャンブラー。
常に持ち歩いているサイコロで物事を決めるらしい。

 

 

 

▼推し

 

前置きが適当な上に長かった。
んで、誰にハマったのかって話です。

 

 

 f:id:yu7xxxluv:20180807030312j:image

 

 

 

横浜の左馬刻様です。

結局顔です。

 

 

 

私の昔話を少ししますと、2003年の金髪片ピだった櫻井翔さんが大好きだったんですよ。
チャラくてちょっとやんちゃしてそうな人が2次元でも3次元でも大好きなんですよ。ヤクザはちょっとやんちゃじゃ済まないガチな方ですが。

 

 

 

ただ、そもそもヤクザになったのは可愛がっている妹のためという素晴らしいお兄ちゃんなんです。
しかも気にくわないところがあるとすぐ喧嘩をしてしまう気が短いところはあるけども、お母さんと妹をリスペクトしているから女性には絶対に手を出さない男気もある。かっこいい。
お母さんから貰った手作りのお守りも大事にしているらしいし素敵かよ。

 

 

 

ちなみにシブヤの幻太郎さんも軽く推してます。
理由は顔です(n回目)

 

 

 

▼最後に

 

ヒプマイは『The Dirty Dawg』のメンバーがリーダーでストーリーの中心にはなっているけども、それぞれのチームの2番手、3番手のキャラクターも平等に扱われていてストレス少なく見られていいな〜って思います。

 

しかも公式がYouTubeにたくさん動画を上げてくれるからゆるっと楽しみたい人も簡単に手を伸ばしやすいかと。ストーリーは無情な世界ですがこちらにはなんて優しい世界…!
あとは8月後半にあるヒプマイ 2ndライブが外れちゃったから少しだけでも映像化されればいいなと願ってます!

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

ジャニーズJr.チャンネルを見た話

 

 

 

3月21日。いよいよ始まりましたジャニーズJr.チャンネル。

ジャニーズが新しい扉を開いた本日、私も周りの友人より一足早く社会人になりました。

もう既にお腹が痛くてお休みしたいゆとりです。

 

 

 

 

 

先日こんなブログを書いた。

ぐだぐだと文句をたくさん書いた。

 

 

 

21日0時すぎにSnow Manの動画がアップされた。

とても楽しかった。

 

Snow Man、メンバーのやりたいこと大公開!驚異の体脂肪率4%…バキバキ腹筋披露! - YouTube

 

 

 

YouTubeに出るということがちょっと気になっていただけで、Snow Manのことは大好きだしどんな仕事でもクオリティを下げないでやっていて素敵だなと改めて感じた。ゆとりっ子も見習いたい。

 

 

 

すのとトラジャの動画しか見られてないけどすのの企画会議がとても良かったので感想を書き留めておきたい。

 

 

 

▼会議の進め方

 

いやいやこういう風に動画を見るなよ、というツッコミは置いといてください。

自分自身、委員会とか係とかゼミとか様々な場面で話し合いをしたことがあるけれどこんなにまとまった会議が出来きたためしがないので、率直にSnow Manすごいなと感じた。

 

阿部「このYouTubeがSnow Manの名刺になるようなものにしたい」

Snow Manと言えば「身体能力が高い」「アクロバットが得意」

個々のキャラクターも同時にJr.のファン以外にも広めたい

 

という1つのゴールに向かって6人で話し合いを進めていくところが1番すごいと思った。

 

ちょうど1年前の今頃就活をしていた。

その時に人事の方から「グループディスカッションはゴールを決めて話し合わないとどんなにいい意見も意味がない」と言われたのを思い出した。

 

 

 

また、自然と6人の役割分担が決まっているところに、新米おにぎりながらグループが歩んできた歴史を感じた。

 

進行・軌道修正…深澤、阿部

アイディアマン…宮舘、佐久間

客観的視点を持つ人…渡辺、岩本

書記…阿部、岩本

という感じでしょうか。

 

席もそうやって座るんだ〜と少し意外な感じもしたが始まってみると自然な並びに見えた。

 

 

 

そして当たり前のことであるがなかなか出来ない、「人の意見を最後まで聞く」「意見を否定しない」ということが全員出来ていてすごいなと感じた。

 

 

 

ここまで書いてみて、ジャニーズJr.と言えど、職業=アイドルという社会人なんだなと感じた。

社会人になりたくなくて少し感傷的になっているのかもしれない。動画の見方がおかしい。

 

 

 

▼個々のキャラクターアピール

 

【宮舘】

宮舘さんのワードセンスは最高だと常日頃から言っているので思わず好き!!!と叫びたくなった。

「今夜も舘's Night」「今夜のオカズ 〜宮舘をそえて〜」というワード、普通の人は出てこない。

EXでの舘様レイディースも然り、宮舘さんが生み出すワードはどこか昭和チックで、2年前の少年たちの特攻服がよく似合うなと思います。最高。

 

 

 

【佐久間】

佐久間さんはアニヲタ。みんなよく知ってるアニヲタ。アニヲタだからこそのワードセンスを持っていていいなと思う。宮舘さんは良い意味で突拍子もないが、佐久間さんはみんながわかるからこそ笑えるワードで楽しくていいなと思う。

あと、YouTubeじゃなくてニコニコ動画発祥だと思うけれど、『【Snow Man】ピューロランドで◯◯ 踊ってみた【オリジナル振り付け】』みたいな動画をアップしてくれるのを個人的に楽しみにしてる。ネットでバズったら一気に知名度上がりますからね。

 

 

 

【深澤】

モノマネキャラでいくのかと思いきや、長期で何かにチャレンジをする企画を考えるのは斬新でいいなと思った。毎週動画をあげるからこそできることだなと。

もし「深澤、資格取るってよ」で漢検を受験するならば、ジャニーさんが英語を推してるからこそTOEICを受けてみるのが良いんじゃないのかなと思った。TOEICはゴールがないし阿部ちゃん先生もいるし面白そうだと思う。

 

 

 

【渡辺】

まさかのシナモロール。本人の塩顔推しブームは去ったのかしら。

シナモロールとお友達になるならば、ピューロランドで踊ってみたを撮影しちゃいましょう〜。

 

 

 

【阿部】

 週間天気予報も毎週できるしいいなと思った。大変そうだけども。これをきっかけにテレビでも天気予報できたらいいなあ〜。

 

 

 

【岩本】

イワザップでダイエットメニュー考えてくれたら嬉しいな〜。映画『ラストホールド』も公開されるしボルダリングをやるのも良さそう。

 個人的にはサムネイルがすのだけ会議感がなくて最高です。岩本さんの筋肉推しが強い。

f:id:yu7xxxluv:20180322041430j:image

 

 

 

個々にやりたい企画を語って、それを聞いた周りのメンバーが「彼は◯◯なんですよ!」ってしっかり説明をしているところが良かったな思った。ファンだけじゃなくて、自分たちを知らない人に対して発信していこうという心意気を感じた。

本人たちはMCだと内輪ノリになっちゃう…と言うことが多いけれど、その内側に周りを引き込む優しさがあるなあと勝手に感じた。

 

 

 

▼Snow Manでやりたいこと

 

「素のMAN」って自分で言って笑っちゃう岩本さん可愛い。ジャニーズwebの「すの日常」とかそういう可愛いやつを思いつくの可愛いなと思う。

完全オフの「素のMAN」とバッキバキに踊ってるオンの「Snow Man」を見たいなと思った。

 

 

 

本格的に動画が更新されるのは来週からなのでしょうか。

今から次の動画が楽しみです。

 

3月25日は仕事でJr.祭りに行けないのが悲しいです。ゆとりなので休みます。嘘です。

ダイジェストでいいので動画あげてください。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

どうやら自GがYouTubeに出るらしい

 

 

 

 

出るらしいというかもう出た。

3/21スタートじゃなかったのか。

兎にも角にも記念すべきYouTube進出第1号おめでとう。

 

 

 

 約半年ぶりの投稿がこれってどうなのよと思いつつ、活字欠乏症を起こしているので文書を書きたい。

 

秋から現在にかけてやれ卒論だ、制作展だ、卒業だ、研修だ…とばたばたしまくりの日々を過ごしていました。

 

少年たちとか帝劇とか書きたいことが盛りだくさんです。

 

 

 

前置きはさておき本題に戻ります。

 

公式チャンネルが開設された。

ジャニーズJr.がYouTubeに出た。

 

なんたる革命。

 

 

 

大変申し訳ないことに、ゆーちゅーばーという方々がどうしても受け付けないのでこの呼び方をされるとちょっとイラッとしますね。

冗談で言っているのだとしてらもっとイラッとしますね。彼らは一流のエンターテイメントをしている人たちなので。とても個人的な意見ですが。

 

ゆーちゅーばーとかいう一般人の括りではなくて、海外アーティストがMVを公開したりしているOfficialアカウントと同じ類だと考えると心穏やかでいられますね。

 

やることは一般人っぽいことになりそうだけど、海外アーティストも日本に来て「WAO!!」みたいな動画あげてますし同じですよね。(表現がへたくそ)

 

後ろのホワイトボードに「旅行いっちゃう??」って書いちゃうSnow Manさん可愛すぎるから全然それでおっけいですけどね。(ちょろい)

 

 

 

それでも。

ジャニーズはジャニーズブランドをきらきらと纏った、世間から隔離された秘密の花園でいて欲しかった。桃源郷であって欲しかった。

 

安売りをして欲しくはなかった。

 
私服も見たかったけど、せっかくなんだからギラギラジャニーズ衣装にヘアメイクばっちりのTHEジャニーズで出てほしいなあ。

 

 

 

その反面。

せっかく舞い降りてきたチャンスだからこそしっかり掴んで次に繋げて欲しい気持ちもある。

 

 

 

おたくは我儘だ。

 

彼らは新しいことに挑戦することを選んだのだから、私は私がやれる形で応援していきたい。

 

 

 

何が書きたいのかわからなくなってきた。

SNSは絶対にやらないで欲しいですね。

 

なんていいつつ数ヶ月後に、

☆★ジャニーズオフィシャルアカウント★☆ ( @ Johnnys_official )

みたいなクソださいやつ出来てそうだなと思ったりもしています。

 ちなみにポイントは、☆でアカウント名を囲ってしまう昭和センスです。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

うちの子に退所疑惑が出て思った事

 

 

 

ついこないだの事です。100%出ないと思っていたうちの子(自担って呼び方が個人的に好かないため以下うちの子呼び)に退所疑惑が出ました。引きずってないでさっさと忘れろよって思うんですけどネタにしないとやっていけない気分なのでポチポチ書きます。

 

まあまた退所疑惑が出た時に自分が嫌な思いをしないために取らない方がいい行動をメモして起きたいなというあれもあります。2度目は起こり得ないんですけどね( ◜◡◝ )

 

 

 

先に言っておきますが、編集部に対しては特に何とも思わなかったんですよ。人間だものミスはある。しょうがない。

 



▼事の経緯

事の発端は写真集の予告にうちの子が載ってなかった事から始まったようですね。自分は熱が出てて21時すぎには寝ていたので朝起きてオタ友から「退所のソースどこ?」ってLINEを見て知りました。

名前と退所の文字が連なっているの本当に心臓に悪い。寝起きだし熱があるしで頭が働かないから情報が処理できない。とにかく頭が真っ白。

そのあとTwitterで検索をかけたのも悪いのかもしれない。名前の後に退所って出るの本当に意味がわからない。

結果的に雑誌の公式アカウントから訂正が入ったので疑惑が間違いに変わりました。一件落着。

 

 

 

▼しない方がいい事

 

Twitterで検索する』

 

①「名前 退所」で検索する行為が精神的苦痛

②そもそも名前を検索スペースに入力しただけで退所が出てくることが精神的苦痛

③騒いでいるのが他担しかいなくて精神的苦痛

④フォロワー稼ぎをしたい人が退所確定で語り出していて精神的苦痛

⑤退所した後の話を他担に語られていて精神的苦痛

 

等々の理由からTwitterは見ない方がいいです。

 

情報集めは仲が良いオタ友にやってもらうのが確実で安全です。

 

 

 

▼した方がいい事

 

『事の経緯の確認』

 

前述した事と若干矛盾しますが事の経緯を確認して自分が納得して置いた方がいいなと思いました。

 

疑惑をかけられた理由を確認→他のオタクがどう捉えて騒いでいるかを確認 する事でだいぶ冷静になります。客観的にみるとどう考えても白だろ、こじつけだろって思えます。自分を納得させてすぐにネタとして消化するのが吉です。

 

今回の場合は編集部に電話するのがいいと思います。オタ友に言われた時には公式からお詫びが出ていました。気づくのが遅い( ◜◡◝ )

 

 


▼オタクにやめて欲しい事

『無駄に騒ぎ立てる』

これは常々思ってた事なんですけど、関係ない人に限って騒ぎ立てますよね。(この場合の関係ない人とは該当担とそのグループの担当の人以外の事を指します。)

こういうデリケートな問題に関係ない人がズカズカ首を突っ込むのは辞めた方がいいと思います。

 

「◯◯くん辞めちゃうんだ:;(∩´﹏`∩);:悲しいなあ…◯◯くんの事はよく知らないけどね(笑)」とか謎の上から目線語りとか不愉快でした。

 

せめて、せめて騒ぐなら誰が見ても確実だと言える証拠を引っ張ってきてからにして欲しいです。根拠がないのに騒がれるのは不快です。

 

 

 

 

 

Jr.界隈って比較的ざわざわしやすいと思います。以前から気にはなっていたんですが、無関係の人は静かにしていればいいのになって思っていたので当事者(?)になった今回これを書きました。

 

うちの子の場合すぐに疑惑が晴れたんですけど無関係の人が「退所疑惑のJr. ◯◯、◯◯」とまとめているツイートは残っているのでそれだけを見た人はそうなんだと信じてますし、退所する方向で色々言われてます。一々訂正するのもおかしいですし、情報の取捨選択は自分ですべき事なので表では言いませんが、はっきり言って不愉快でしかないです。自分の応援している人が一生懸命頑張っているのを知っているのに辞めたとか無責任だとか何も知らない人に軽々しく言われたくないですよね。マナーだなんだと言って学級会は開きたくないんですけど、何でもかんでも首を突っ込んで他人の領地を荒らす無礼者にはなりたくないなと今回の件で改めて思いました。

 

 

 

話変わって、うちの子のiPhoneは開くとレポが出てくる仕様らしいんですけど今回の一連の騒動を見て「えっおれやめちゃうの〜〜?」ってぽやぽやメンバーに確認してたら可愛いし、「なんか〜おれだけトリミングされちゃってたみたいでみんなびっくりしちゃったでしょ?えっしてない?したよね〜おれもうびっくりしちゃった〜〜」「うちらって5人グループだったっけみたいなさ〜」ってMCでふわふわ言ってたら可愛いなって考えるポジティブな頭がおかしいオタクなのですぐに立ち直れたんですけどね。どんなに信じていても身体に悪すぎるのでこんな目に会いたくないです。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

バンビズが好きっていう話

 

 

 

バンビズ*1という呼び方でわかる方は現在どのくらいいるのだろうか。最近だと翔潤と呼ぶのが主流なのかなと外野から*2思っています。

 

今さらながら嵐さんの新しいアルバム『‪「untitled‬」』の話をします。

 

 

 

嵐さんから離れてもう何年か経ってしまったけれどやっぱりジャニーズの入口であり初めての担当にはそれなりに思い入れがあるわけで。(そうは言っても第二次嵐ブームの少し前に本腰を入れたのでど新規にもほどがありますが。)担降りしたとは言え今でも櫻井さんは好きだし、嵐の番組もつい見てしまいます。

 

嵐って仲良しで有名だと思うんですけど、全ての2人組にコンビ名が付いているのってなかなかないのかなって思ってます。視野が狭いオタクなので他のグループの事はほとんどわかりません。全てのコンビに名前付いてるよ!ってグループあったらごめんなさい。

 

ちゃんと追いかけていたのが2014年くらいまでなので何とも言えないんですけどあの頃ってバンビズってこんなに人気なかったですよね…?俺千葉の影響で櫻葉推しが多かったイメージがあります。あと友達が大野さんと二宮さんのオタクだったからか山夫婦と磁石が好きな方もよく見かけてた気がします。磁石*3って言って伝わるのか不安ですね。

 

 

 

それはさておき、そもそもいつから翔潤はこんなにメジャーになったんでしょうか。2016年のワクワク学校で翔潤星空デートで東京ドームが揺れた時はびっくりしました。私は声が出なくて静かに震えてました。気持ちが悪いオタクの典型ですね。

 

知らないうちにバンビズが翔潤になって、翔潤が他担からも支持される(?)コンビになっていたことに軽く衝撃を受けました。話はそれますが最近は大宮よりもにのあいがメジャーですよね。時代は流れていると外野から感じます。

 

 

 

個人的には翔潤よりバンビズ呼びが好きなんです。絶対に目が合わない2人なのにバンビって…帝王と俺様なのにバンビって…嵐のビジュアル担当(と当時は言われてました)なのにバンビって…。ギラギラしてシュッとしているのにバンビな2人が好きでした。何となく最近の2人は翔潤って感じがします。今も素敵ですけどね。

 

あのバンビズがユニット曲をするなんて 。櫻井担をやっていた自分が聞いたら腰抜すと思います。

 

 

 

何が書きたいのかゴールが迷子です。

 

というわけでこれからアルバムを買ってきます。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

*1:櫻井・松本コンビの名称。櫻井さんは「木更津キャッツアイ」でバンビ役を、松本さんは「バンビーノ」に出演した事から。

*2:『Attack it!』の歌詞「外野の言葉はシカトする!」より

*3:櫻井・二宮コンビの名称。櫻井のS、二宮のNから磁石。